練馬区で建てる注文住宅おすすめ会社ガイド練馬区で建てる注文住宅おすすめ会社ガイド

練馬区の注文住宅ならおまかせの会社カタログ

閉じる

TOP » 注文住宅を立てる前に 押さえておきたい基礎知識

公開日:|更新日:

注文住宅を建てる前に
押さえておきたい基礎知識

基礎からみっちり頭に叩き込もう!

注文住宅で失敗した~!なんて事態は絶対避けたいですよね。であれば、流れに身を任せて購入するのではなく、購入前に積極的に行動し、調べ、冷静な目で判断しなければいけません。

では、事前にどんなことを知っておくべきか?押さえておきたい基礎知識をご紹介します。

【練馬区】ペット同伴で注文住宅を建てる際の注意点

練馬区で注文住宅を建てる方の中には、もともとペットを飼っている、もしくはペットを飼うことを検討している人もいると思います。そんな人向けに、ペット同伴で注文住宅を建てる際に気を付けるべき点などを紹介します。

【練馬区】ペット同伴で注文住宅を建てる際の注意点について見てみる>>

長期優良住宅とは?

注文住宅の会社選びをしていると「長期優良住宅」というものを目にしたことはありませんか?長期優良住宅は、2009年に施行された「長期優良住宅普及促進法」の建築基準をクリアした住宅に与えられる認定のこと。注文住宅の会社を選びに重要な要素です。劣化対策や耐震性能に優れていて、長く住み続けられる家を建てたいなら要チェックのポイントです。長期優良住宅に強いハウスメーカーも紹介していますので、参考にしてみてください。

長期優良住宅について見てみる>>

注文住宅会社の選び方

理想の家を建てるためには、注文住宅会社選びで失敗するわけにはいきません。そのためには、「なんとなく良い人そうな営業さん」を理由に選んではいけないのです。

その会社は自分のイメージしている理想の家を作ってくれそうですか?家を建てるパートナーとして合格ですか?予算は合いそうですか?口コミ評判は確認しましたか?急いで契約させようとしていませんか?

自分が信頼でき、安心して家作りを任せられる会社を探しましょう!

注文住宅会社の選び方を見てみる>>

工務店・ビルダー・ハウスメーカー・設計事務所は何が違う?

注文住宅会社にはさまざまな種類があります。そして、当然それぞれに特徴があるとともに、得意・不得意もあります。

たとえば、ハウスメーカーは大手であることが多いため、安定・安心の面で強みがありますが、柔軟な対応(自由度)がいまひとつな場合も。

自分の理想の家を建てるためには、どのようなメリットが必要かをよく考え、ピッタリの会社を選ぶ必要があります。

工務店・ビルダー・ハウスメーカー・設計事務所は何が違うのかを見てみる>>

契約に関する注意点

家の購入というのは、非常に大きな買い物になります。そのため、慎重すぎるほど慎重になるべきなのですが、ついつい甘い言葉にのせられてしまったり、信頼関係が大切だからとちゃんと確認せずに契約してしまうことがあります。

しかし、そういった「つい」してしまった契約が後々大きなトラブルとなり、自分自身の損害として大きく降りかかってきてしまうことが多々あります。

甘い言葉には流されないよう、最大限の注意を払うとともに、実際にあったトラブルを知っておくことで、同じような過ちを犯さないように気を付けましょう。

注文住宅の契約に関する注意点を見てみる>>

引き渡しまでの流れ

家の購入は、一生に何度も経験することではありません。そのため、多くの人が「初めて」の経験になるかと思います。

初めてのことってどうしたらいいかわかりませんよね。住宅会社にとっては日常業務だから、丸投げしておけばOK?!という考えでは痛い目にあう可能性があります。

まずはどんなことをすべきなのか、購入したい土地や建物が見つかったらその先は何をすべきなのか、流れや知識を頭に叩き込んでおきましょう。

注文住宅の引き渡しまでの流れについて見てみる>>

住宅を購入後、加入する保険

注文住宅を購入したら、安心して生活するためにも保険は欠かせません。ハウスメーカーや工務店で保険の紹介やアレンジを行っている場合は相談することもできますが、ご自分でどのような保険がありどこまでの範囲で保険適用されるのかなどは、事前に知識を集めておくと、比較検討もしやすくなります。

住宅を建てたら必要になる、代表的な保険の火災保険、地震保険、家財保険の3種類の補償範囲や条件、費用について解説していますので、参考にしてみてください。

住宅を購入後、加入する保険を見てみる>>

注文住宅を建てる際の内装の決め方

注文住宅を建てる時の楽しみの一つはデザインです。家族が長い時間を過ごすマイホームの内装は特にじっくりと考えたいもの。しかし、プロでない限りどのように内装を決めていいか難しいことも。ましてや家族の好みが違うと、なかなか決まらなかったりするものです。

北欧やシンプルモダンなど、最近の人気の内装デザインやテイストの決め方、モデルルームを見学したり、ハウスメーカー・工務店などに相談したり色々な方法がありますので、いくつかのポイントを見ていきましょう。

注文住宅を建てる際の内装の決め方を見てみる>>

注文住宅を建てる際の間取りのポイント

間取りは注文住宅のデザインの大切な部分です。好みや希望にこだわって作りたい反面、実際の生活をする場所ですので、基本を大切に考えていかなければいけません。完成してから不便を感じたり後悔することのないように、慎重に決めましょう。

間取りのデザインは、生活動線や水回りのこと、日当たりなど土地条件とともに考えることや、予算によってどの範囲まで可能かを頭に入れながら行う必要があります。ここでは、知っておきたいいくつかのポイントを解説しています。

注文住宅を建てる際の間取りのポイントを見てみる>>

フルオーダーとセミオーダーの
違いとは?

注文住宅といっても、フルオーダーとセミオーダーがあります。予算の面から考えれば、当然フルオーダーはセミオーダーより高めになります。どちらが良いかは、住宅に求めるレベルや設計の自由度など、そこに住む家族のニーズにより異なりますので、どこに重点を置いて注文住宅を建てるのかをしっかりイメージすることが大切です。

どちらもメリットとデメリットがありますから、事前にきちんと勉強しておくことで、色々とスムーズに決められるでしょう。

フルオーダーとセミオーダーの違いとは?を見てみる>>

注文住宅で使われる木材の種類

日本の家に多い木造住宅で使用される木材選びは、注文住宅づくりの大切なポイントです。シックハウス症候群が気になるから健康によい無垢材がいい、という意見もあれば、コストが安価な集成材がいいという方もいるなど、選ぶポイントはさまざまです。

ここでは、無垢材とは?集成材とは?から、それぞれのメリット、また日本の住宅に使用される木材の主な種類など、知っておくと設計時に役立つ木材の知識をご紹介します。

注文住宅で使われる木材の種類を見てみる>>

注文住宅の防犯対策はどうすればいいのか?

注文住宅で理想の家を建てる際は、もちろん防犯にも気をつけたいですよね。けれど、「泥棒の気持ちなんてわからない…」というのもごもっとも。ですが、防犯のポイントを知れば、土地選びの際にも、そして設計の際にもしっかりと対策を反映して、安全な家を建てることができます。

ここでは、狙われやすい家の特徴や、場所別で出来る防犯対策について解説しています。これから建てる理想の家と、そこに暮らす家族を守るために、是非参考にしてみてください。

注文住宅の防犯対策はどうすればいいのか?を見てみる>>

練馬区の狭小地で注文住宅を建てるメリット・デメリット

一般的に、土地の形が特徴的であったり、15坪~20坪の土地を狭小地と呼びますが、そんな狭小地でももちろん注文住宅を建てることは可能です。狭い分土地そのものの費用を抑えられたり、お掃除の手間が省けたり、喜ばしいメリットもあります。ですが同時に、敷地が狭いからこそ建てる際には工夫が必要であるため、建築費が高くなってしまったり、逆に生活スペースが狭かったりと、デメリットも出てきます。どちらもしっかり踏まえたうえで、理想の家になるにはどうすればよいのか判断しましょう。

ここではメリット、デメリット、また、練馬区の狭小地に注文住宅を建てる際のポイントもまとめています。判断材料のひとつにしてみてくださいね。

練馬区の狭小地で注文住宅を建てるメリット・デメリットを見てみる>>

注文住宅で平屋を建てる際のメリット・デメリット

階段のない、一階建ての住宅で、すべての機能がワンフロアに収まっている平屋住宅。上下の移動がないため、高齢者の方を中心に人気だった平屋ですが、近年は、コミュニケーションがとりやすいことや揺れに強いなどのメリットが支持され、幅広い世代、家族形態の世帯から注目されています。

そんな平屋にも、もちろんデメリットはあります。ここでは平屋のメリットとデメリットを解説しています。どちらもよく理解して、どのようなところを自分たちの住まいづくりに反映するか、また利点とするかを考えると良いでしょう。

注文住宅で平屋を建てる際のメリット・デメリットを見てみる>>

二世帯の注文住宅のポイント

親世帯と子世帯が一緒に暮らす二世帯住宅。親世帯は老後を、子世帯は子育てを考えて、注文住宅でもそのニーズは高まっているそうです。二つの家庭が一緒に住まうようにするために、その理想や要望も様々。検討している方は、二世帯がお互いにサポートをしながら、快適に、プライバシーを保ち、ストレスを感じずに住めるように、そのメリットやデメリットを知っておく必要があるでしょう。

ここでは二世帯住宅のメリットとデメリットをまとめています。それぞれのポイントを踏まえて、注文住宅を建てる際に活かしていきましょう。

二世帯の注文住宅のポイントを見てみる>>

注文住宅を建てる工法の違い

注文住宅にも様々な工法が存在し、それぞれに強みがあります。注文住宅を建築する際、主に採用されているのは、木の柱と梁で骨組みを作る木造軸組工法、壁や床などの面で住宅を支え、ツーバイフォー工法とも呼ばれる、木造枠組壁式工法、軽量鉄骨を骨組みに用いるプレハブ工法である軽量鉄骨造、そして組んだ鉄筋にコンクリートを流して柱や梁、床をつくる鉄筋コンクリート造です。

ここではそれぞれの工法とそのメリットについてまとめています。それぞれの強みを知って、より理想的な家づくりに活かしましょう。

注文住宅を建てる工法の違いを見てみる>>

注文住宅を建てる土地の探し方

注文住宅建築の第一歩とも呼べるのが土地探し。選んだ土地によっては、出来ること、出来ないことがあるので、設計に大きく影響します。ここでは、土地の探し方のポイントから、購入するまでの流れ、土地探しをする際に気を付けることを解説しています。

理想の家を建てるためにはどんな土地が適しているのか、また、理想の立地だと思える場所にはどんな家を建てることができるのか、知っておきましょう。

注文住宅を建てる土地の探し方を見てみる>>

住宅の耐震性はどれくらい必要?

地震の多い日本。注文住宅で理想の家を建てるなら、自然災害にも強い、安心感のある家にしたいですよね。住宅を建てる際には、建築基準法によって、守らなくてはいけない耐震基準が定められているため、どの建物でも、もちろん注文住宅も、その基準までの耐震性能は備わっています。

ここでは、基準以上に耐震性を高め、耐震性に特化して建てられた耐震住宅についてとそのメリット、デメリットをまとめているとともに、その主な工法についても解説し、耐震性の指標である耐震等級が、それぞれどの程度の地震に耐えうるのかも紹介しています。

住宅の耐震性はどれくらい必要?を見てみる>>

住宅購入時の税金

注文住宅に限らず、マイホームを購入する際には、様々な税金がかかってきます。しかし、注文住宅を建てる際には、デザインや設計はもちろん、決めなければならない大切なことがたくさんで、税金のことを忘れてしまう人も意外と多く、あとで「税金のことを失念していて、その分の費用が…」と嘆くなんてことも。ここでは、マイホーム購入の際にかかる税金、持ち続ける際にかかる税金、税制優遇のことについても解説しています。

どんな税金がかかってくるのかを知って、注文住宅建築の費用全体をしっかりと把握しておくことが大切です。

住宅購入時の税金を見てみる>>

家づくりに重要な地盤

家の基礎になる地盤。耐震性などに優れた頑丈な家が建てられたとしても、地盤が弱いと沈下してしまったり、家が傾いてしまったりすることもあります。そうならないように、注文住宅用の土地を探したら、しっかりと地盤の調査を行うことが重要です。

軟弱すぎる場合には、地盤補強工事が必要になり、その分費用もかかります。建築費のトータルを考えて、その土地にこだわる必要があるかどうかなども、判断する基準になる場合もあるでしょう。

ここでは、地盤を調査する必要性だけでなく、練馬区の土地の地盤が家づくりに向いているかどうかも解説しています。

家づくりに重要な地盤を見てみる>>

注文住宅と建売住宅の違いは

注文住宅を建てるのか、それとも建売住宅を購入するのか…マイホームを購入する際、きっと誰もが一度はその選択に悩むことでしょう。

施主に建築の決定権が委ねられる注文住宅は、その自由度の高さから理想を盛り込み過ぎると当然、コストがかかってしまいます。建売住宅は、既に建っているものを購入するのですから、デザインなどの自由はありませんが、その分コストは抑えられると言えます。

ここでは、注文住宅と建売住宅、それぞれの違いやメリット、デメリットを解説しています。マイホーム購入の参考にしてみてください。

注文住宅と建売住宅の違いはを見てみる>>

注文住宅に換気システムは必要?

現在の注文住宅には、すべて換気システムが設置されています。住居への換気システムの設置は建築基準法で義務づけられているので、2003年以降に建てられた住まいには、すべて換気システムが設置されているのです。

換気システムには、給気口・排気口ともに機械設備を設置している第一種換気、給気口のみに機械設備を設置している第二種換気、排気口のみに機械設備を設置している第3種換気の3つの種類があります。一般的に、住宅には第一種換気が用いられています。

注文住宅に換気システムは必要?はを見てみる>>

屋上のある家(注文住宅)に住みたい

注文住宅で屋上のある家に憧れを持つ方もいるでしょう。屋上があれば、洗濯物をたくさん干したりガーデニングを楽しんだり、使い方によって家の可能性が広がります。一方で、雨水が溜まりやすかったりメンテナンスに手間がかかったりするデメリットもあります。屋上を作る前に、メリット・デメリットを把握しておくと良いでしょう。

また、ひと口に屋上といっても、さまざまな種類があります。理想のマイホームを作るには、屋上の使い道もはっきり決めてておくことが大切です。

ここでは、屋上のある家のメリット・デメリットや屋上の種類について解説しています。

屋上のある家(注文住宅)に住みたいを見てみる>>

注文住宅見学会の種類と注意点

家を建てるなら、住宅見学会に参加する方が多いでしょう。実際に家の様子が見られるので、マイホームを建てる際の参考になります。住宅見学会には「構造見学会」「完成見学会」「オーナー様宅の見学会」などさまざまな種類があります。多くの見学会の中から、自身の目的に合う注文住宅見学会に参加しましょう。

注文住宅見学会に行く際には、気をつけたいマナーがあります。写真撮影についてや当日の持ちものなど、最低限のマナーを押さえた上で住宅見学会に参加することが大切です。

ここでは、注文住宅見学会の種類や注意点について解説しています。

注文住宅見学会の種類と注意点を見てみる>>

注文住宅における瑕疵担保責任とは?

「もし購入した家に欠陥が見つかったらどうなるんだろう」という疑問は、注文住宅を建てる際の不安要素の1つでしょう。万が一住宅に欠陥が見つかった場合、住宅取得者を守ってくれるのが「瑕疵担保責任」です。瑕疵担保責任保険により、万が一事業者が赤字や倒産により補修金を支払えなくても、保険金または供託所に預けられた保証金により賄ってもらえます。

これからマイホームの購入を考えている方とって、万が一の場合に安心できる心強い制度です。ここでは、注文住宅における瑕疵担保責任について詳しく解説しています。

注文住宅における瑕疵担保責任とは?を見てみる>>

注文住宅におけるメンテナンスの金額について

注文住宅を建てるとなると、「メンテナンスにはどのくらいお金がかかるの?」と気になる方もいることでしょう。築10年以上経過すると、屋根や外壁のメンテナンスを行う必要があります。内装・外装ともに、日頃から清掃を通したメンテナンスをしておくと、住まいの長寿命化が期待できると言われています。そして、メンテナンスにかかるお金を浮かせるため、保証が充実している施工会社を選んだり積み立てを行ったりするなどの工夫も重要です。

ここでは、注文住宅におけるメンテナンスの金額と費用を抑えるためのポイントなどまとめています。

注文住宅におけるメンテナンスの金額についてを見てみる>>

ZEH住宅とは?

最近は「ZEH住宅」をよく目にしますが、ZEH住宅とはどのような住宅のことなのか詳しくご存じない方もいるのではないでしょうか?またZEH住宅には「ZEH」「ZEH+」「ZEH+R」「ZEH Oriented」と4つの種類があるので、注文住宅を建てる前に種類ごとの違いについて知っておき、適切な住宅仕様を選ぶことも大切です。

ここでは練馬区で注文住宅を建てたいと考えている方に向けて、ZEH住宅の概要や種類ごとの違い、ZEH住宅を建てることのメリット・デメリットについて解説します。

ZEH住宅についてを見てみる>>

全館空調にするメリット・デメリット

全館空調は、建物全体を一括して冷暖房するシステムのことです。一般的には、空調設備が設置された空間から空気を取り込み、それをフィルターできれいにし、冷房や暖房で快適な温度を維持します。一年中快適な温度を保つことができ、室内の空気状態を一定に保つことができる点が大きなメリットです。一方でデメリットとしては、空気が乾燥しやすくなることが挙げられます。また、急な温度変更が難しいため、調整に時間がかかることがあります。

ここでは、全館空調とはどのようなものか、メリット・デメリットも含めて解説しています。

全館空調にするメリット・デメリットについてを見てみる>>

3階建て住宅を建てるメリット・デメリット

3階建て住宅のメリットは、限られた敷地面積を有効に活用できる点が挙げられます。またプライバシーを確保しやすいのも大きなメリットです。しかしデメリットとしては、建築費用が2階建て住宅よりも高くなる点が挙げられます。さらに家事や移動が面倒になるといった問題も生じる可能性もあります。3階建て住宅の費用相場は、一般的には坪単価が10万円程度高くなるため、建築費用が高くなることが予想されるでしょう。ただし、敷地や建築材料などの条件によって費用は異なるため、詳細な相談が必要となります。

3階建て住宅を建てるメリット・デメリットについて見てみる>>

注文住宅に小屋裏収納を作る際のポイント

小屋裏収納とは、屋根と天井の間を活用した収納スペースのことです。小屋裏収納があると固定資産税を軽減させながら収納力の高いスペースが手に入りますが、一方で建築コストが高くなったり、収納物の出し入れが難しくなったりするデメリットもあります。小屋裏収納は外気の影響を受けやすいため、カビの発生を抑えられる快適な空間にするには、換気・温湿度調整のシステムを設置することが大切です。また出入りするための階段の設置に影響を及ぼすことがあるため、太陽光発電や屋上も設置するなら、設計前段階で相談することも欠かせません。

注文住宅に小屋裏収納を作る際のポイントについて見てみる>>

注文住宅における採光のポイント

採光とは自然の光を差し込むための開口部のことで、日当たりのよさとは関係ありません。建築基準法上では居室に対する床面積の1/7以上の面積と定められています。明るい空間にするためには方角や間取りなどに合わせた窓を設置することが大切です。たとえば東側は午前中に光が差し込みやすく、朝日を浴びたい方なら東側を寝室にすると良いでしょう。ただ窓を大きくし、沢山設置しすぎると壁がつくれない、防犯の問題などのデメリットもあるので注意してください。

注文住宅における採光のポイントを見てみる>>

注文住宅にランドリールームを作る際のポイント

ランドリールームを設置すれば、洗濯家事における洗う・干す・取り込む・アイロンがけ・畳むまでの工程をすべて同一空間で行えます。干す際に洗濯物を抱えて移動する必要がないため、家事がぐっと楽になるでしょう。雨の日や花粉の飛んでいる時期でも安心して干せるのもメリットです。

ランドリールームを快適に使用するためには、広さや配置場所、収納や湿気対策が重要なポイント。また、他の家事や生活動線と調和するよう配慮することも大切です。

注文住宅にランドリールームを作る際のポイントを見てみる>>

子育てしやすい注文住宅を建てるためのポイント

ひとくちに「子育てしやすい注文住宅」と言っても、工夫すべきポイントはさまざまです。「家事のしやすさ=子育てのしやすさ」と考えている場合はオープンキッチンやたっぷりの収納を設けた設計にすると良いですし、「安全性の高い住まい=子育てしやすい住まい」と考えている場合は高断熱やスケルトン階段を採用すると良いでしょう。

家族が多くてもすっきりとした空間を実現できる玄関や、成長とともに形を変えられる間取りなどもおすすめです。

子育てしやすい注文住宅を建てるためのポイントを見てみる>>

注文住宅に欠かせない断熱性能

注文住宅をするなら断熱性能は無視できません。断熱性能が高いと居住空間の快適性も大きく変わります。長く住む家だからこそ、断熱性能を高めて居住環境を快適なものにしましょう。

断熱性能を高めると冷暖房の節約やヒートショック対策につながります。窓や玄関扉のような開口部、壁や天井や床などでは特に注目してください。また、断熱性能を判断するには、UA値や断熱等性能等級などでわかります。

注文住宅に欠かせない断熱性能を見てみる>>

注文住宅購入後に加入する団体信用生命保険とは?

住宅ローン契約者に万一のことがあった場合に頼れるのが、団体信用生命保険。死亡や高度障害状態、保障対象内の疾病を発症した場合には、住宅ローン残債をゼロにできます。

団体信用生命保険に加入していない場合、住宅ローン残債の支払い義務はなくなりません。そのため、生命保険金で支払ったりする必要があるでしょう。

団体信用生命保険は、住宅ローンの新規借入れ時や借換え時にのみ加入できます。加入後のプラン変更はできないため、保障内容もしっかりとチェックしておきましょう。

注文住宅購入後に加入する団体信用生命保険について見てみる>>

注文住宅で階段を設置する際のポイント

「リビング階段にしたいとは考えていたけれど、形状や素材のことまでは考えていなかった…」という方も多いはず。階段には設置場所や形状に種類があり、スペースやコスト、安全性や機能性などのこだわりたいポイントによって選ぶべきものが異なります。

また、手すりやステップ、素材などにも複数の種類があり、工夫によって個性を演出することが可能。階段は家族が毎日使用するものですから、設置時のポイントを押さえておきましょう。

注文住宅で階段を設置する際のポイントを見てみる>>

注文住宅のキッチン選びで押さえておきたいポイント

注文住宅におけるキッチン選びは、家族全員が快適に過ごせる住まい作りに欠かせません。キッチンは、毎日の食事の準備や家事をするだけでなく、家族が集まり、団らんを楽しむ場所でもあります。そのため、レイアウト、収納、素材、設備の選択が重要です。このページでは、使いやすさやデザイン性を考慮し、自分たちのライフスタイルに合ったキッチンを選ぶためのポイントを詳しく解説します。理想のキッチン作りを目指す方に必見の内容です。

注文住宅のキッチン選びで押さえておきたいポイントを見てみる>>

練馬で評判の注文住宅会社3選
関連記事一覧
練馬で評判の注文住宅会社3選