練馬区で建てる注文住宅おすすめ会社ガイド練馬区で建てる注文住宅おすすめ会社ガイド

練馬区の注文住宅ならおまかせの会社カタログ

TOP » 注文住宅を立てる前に 押さえておきたい基礎知識 » 住宅の耐震性はどれくらい必要?
  

住宅の耐震性はどれくらい必要?

住宅には、建築基準法によって耐震基準が定められています。これは住宅を建てる際には守らなくてはいけない基準なので、注文住宅も含めて建物というのはある程度の地震には耐えられる耐震性能が備えられているのです。しかし、その耐震性能は各メーカーごとに変わってくるもの。こちらでは耐震に特化した耐震住宅について触れながら、住宅の耐震性がどのくらい必要なものなのかを紹介していきます。

耐震住宅とは

耐震住宅とは、地震などによる揺れに強い住宅の総称です。現行の建築基準法では耐震性についてしっかりと定められているので、しっかりと守られて設計施工されている家は全て耐震住宅と言えます。一般的に「耐震住宅」と強調して売り出している住宅は、より耐震性能を高めるための工夫をしている住宅という事になります。

耐震住宅の特徴

現在日本では建物を建築する際には必ず耐震基準がチェックされていて、耐震基準をクリアしないと建築の許可が下りないことになっています。しかし地震の多い日本では耐震住宅への関心と期待は大きく、基準以上に耐震性能を高めた「耐震住宅」が日々研究され、新しいく安心して生活を送れる家が誕生しています。

耐震住宅のメリット

  • 免震や制震性能に比べ、費用が安く済む
  • 強風や台風の時の揺れも軽減できる
  • 耐震住宅は設置制限がないので住宅設計が自由にできる

耐震住宅のデメリット

  • 地震の揺れが住宅にダイレクトに伝わり破損するなどのダメージを受ける
  • ダメージが積み重なり住宅の劣化が早まる
  • 地震の時に家具も揺れるので倒れやすく、二次災害の危険も伴う

耐震住宅の工法

現在の耐震住宅には大きく分けて4つの工法があります。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

工法の特徴

過去の大きな地震による被害を教訓にして、耐震工法も様々に工夫されています。地震に耐えうる住宅という意味合いの耐震住宅は、主に揺れに強い構造になるように設計施工されています。地震の力は主に重量の思い床や屋根に加わるため、この部分の耐震性を高くするために筋交いや構造用合板、金具などを用いて建物を補強していくのが特徴です。

工法の種類

  • 壁をやすことで住宅の強度を高める工法
  • X字型やY字型のブレースをはめ込み、壁面の強度を高める工法
  • 鉄骨や壁をカーボンファイバーで補強する工法
  • 柱と壁の間に文字通りすき間を作り地震の揺れの力を分散させる工法

選ぶ際のポイントはある?

耐震性の高さを示す指標として「耐震等級」が住宅品質確保促進法(品確法)に基づき定められています。等級は、建築基準法に定められた基準をクリアしていて、震度6強~7程度の地震で倒壊や崩壊しない強度の耐震等級1から、建築基準法の定める基準の1.25倍の強度の耐震等級2、建築基準法の定める基準の1.50倍の強度の耐震等級3の3段階に定められています。長期優良住宅の認定には耐震等級2以上が必要となります。
地震に強い住宅を希望する場合は、こういった基準をクリアしているかどうかチェックしてみましょう。

家を建てる際は耐震性も要チェック

いつどこに大きな地震が起こるのか予測ができない分、リスクに備えたいと考える方は多いでしょう。注文住宅を建てる際も安全で安心な家に住みたいですね。

「地震対策はしたいが、できるだけリーズナブルに行いたい」「地震だけでなく台風対策も考えている」「倒壊のリスクをできる限り回避したい」など、希望に合った耐震対策がとられているかどうか、家を建てる際にはチェックするようにしましょう。

練馬で評判の注文住宅会社5選
練馬で評判の注文住宅会社5選