練馬区で建てる注文住宅おすすめ会社ガイド練馬区で建てる注文住宅おすすめ会社ガイド

練馬区の注文住宅ならおまかせの会社カタログ

TOP » 注文住宅を立てる前に 押さえておきたい基礎知識 » 契約に関する注意点

契約に関する注意点

トラブルに巻き込まれないために

注文住宅のように大きな買い物になると、トラブルも多発しやすくなります。失敗しちゃった!アンラッキーだったな~!では済まないのですから、こちらはとにかく慎重に慎重を重ねる必要があります。
住宅会社の中には、自分に有利な内容で契約を取りたい、今月中になんとかもう1件売りたい、などという自己中心的な考えで契約を結ぼうとする会社がいます。残念ですが、実際存在するのです。だからこそ、私には関係ないと考えないようにしなくてはいけません。

甘い言葉に流されないことが大切

よく耳にするのが「今なら〇〇万円値下げできます!」や「今なら〇〇万円キャッシュバックキャンペーン中です」「今は仮契約だから後からいくらでも変更できます!」などの甘い言葉です。
しかし、こうした甘い囁きを信じて安易に契約するものではありません。こうした言葉を信じてしまったがために、後々トラブルに巻き込まれた…なんて人も少なくないのです。
ですから、まずは実際にどんなトラブルがあるのかを口コミ評判でチェックしましょう。

実際にあった契約に関するトラブル

  • 仮契約に関するトラブル

営業に簡単な図面と見積もりを提示され、「仮契約後も変更できますし、仮契約しないと打ち合わせできません」と言われ契約してしまった。

その後、提示した予算よりはるかに高い予算を突き付けられ、解約を申し入れたら、ものすごい高い設計料を請求された。

  • 契約後の間取り変更に関するトラブル

その会社の間取りがとても気に入ったので請負契約を交わした。その後打ち合わせをしていたら、「構造計算をしたところ、最初の間取りでは無理でした」と言われ、別の間取りを提案された。契約解除の場合、諸費用は手付金から差し引かれると言われた。

  • キャンペーンに関するトラブル

モデルルームを見ていたら、「キャンペーン中なので、今なら100万円還元します」と言われたので契約した。すると、その後還元できるのはオプション利用をした場合限定だと言われ、結局100万円の値引きをされることがなく、ただ不安だけが残った。

契約時に注意すべきこと

まず何より、簡単に契約を結ばない。これが一番です。「今なら」という甘い言葉には耳を貸さず、自分の目で納得のいくものでなければサインはしてはいけません。つまり、契約内容をきちんと確認するのです。
自分の中にある常識は、他人には非常識かもしれないという考えを持ち、当たり前という言葉の上に胡坐をかかずに言葉として契約書に記載されているかどうか、細部まで確認します。そして、気になった部分は、どんな些細なことでも確認しましょう。それに対応してくれない、対応が悪い会社は絶対に選ぶべきではありません。自分たちの設計・施工に自信のある会社やお客様第一の会社はどんなことにも誠実に精一杯対応してくれます。そういった会社を選ばなくてはいけないのです。

「聞くは一時の恥。聞かぬは一生の恥。」こんなことも知らないの?ということをガンガン聞きましょう。もし、営業に「仮契約です」なんて言われても、書類を見せてもらい、きちんと確認することが大切なのです。
特に「工事契約」は一番最後の契約になりますので、簡単に契約してはいけません。設計図や仕様書、内訳書のすみずみまで念入りにチェックすることがトラブル回避のコツです。

申込金額とキャンセルの際の対応をよく確認する

仮契約を結ぶ際には、申込金額をしっかりと確認しておきましょう。よくある申込金は10万円前後ですが、会社によっては100万円を超える大きい額を支払わないといけない場合があります。

仮契約を結んだ会社が提示した申込金額がそのような場合は、慎重に対応することが大切です。なぜその金額になるのか、担当者に理由を聞いてみましょう。申込金は、これから住宅を購入する上での設計やプランの相談にのってもらう上で預けるお金でもありますので、確認は細かくしておくに越したことはありません。

また、必ずしも申込金を払った後に契約・購入とスムーズに行くわけではないというのも注意です。場合によっては、事情があって後日キャンセルになる場合もあります。そのような場合に備えて、支払った申込金は返金してもらえるかどうかを確認。書面にも明記してあるかを必ず見ておきしましょう。

後で「言った」「言ってない」でもめてしまうのはお互いに嫌なものですし、無効になってしまうと予定も狂ってしまいます。そのような事態を避けるためにも、口頭だけでの約束は避けて必ず書面に明記してもらいましょう。

支払のスケジュールと遅延時の対応を確認しておく

本契約を結ぶ際には、工事の着工日と工事完了日、引き渡し日を明確に決めて記載してもらいましょう。これは、工事完了日が遅れてしまった場合に予定を変更しなければならない場合が多々あるためです。マンションの売却や賃貸契約日を変更しなければならなくなる、子供が小学校や高校に入学するのに間に合わないという事態も起こりえます。

そうなった場合、遅延損害金を支払ってもらうように請求する可能性も出てくるでしょう。その際は、日付がはっきりと書かれていることが重要です。建築確認申請の期間は、木造であれば最低1週間以上、長期優良住宅などの申請をする場合は最低でも3週間はかかると考えておく必要があります。こういった期間を見越した上で、日付を考えて記載してもらってください。

注文住宅の建築費用は、複数回の分割払いになります。支払いスケジュールは個々の契約によってまちまちなので、必ず確認しておきましょう。基本的に、契約時、着工時、棟上げ時、引渡時の節目に合わせて4回の支払いになるパターンが多くあります。

住宅ローンを利用する場合、融資は建物引渡しのタイミングがスタート地点です。契約時、着工時、棟上げ時の3回は、「つなぎ融資」と呼ばれる前借できる制度を利用したり、貯金を切り崩したりしなければいけません。つなぎ融資は住宅ローンよりも利息が高い場合が多いので、利用前に資金繰りを細かく見直しておきましょう。

補償の範囲とアフターメンテナンスをチェックしておく

注文住宅の本契約を結ぶ際には、補償の範囲とアフターメンテナンスを必ず調べてください。注文住宅を建てる際、法律によって「最低10年間の保証(瑕疵担保責任)」を付けることが義務となっています。そのため、この10年保証の範囲の線引きはどこまでとしているのかで、万が一の事態にどう対応してもらえるかが変わるでしょう。

練馬で評判の注文住宅会社5選
練馬で評判の注文住宅会社5選