練馬区で建てる注文住宅おすすめ会社ガイド練馬区で建てる注文住宅おすすめ会社ガイド

練馬区の注文住宅ならおまかせの会社カタログ

TOP » 【特集】イチオシ!注文住宅の施工例集【練馬区】 » 「美しい家」の施工事例

「美しい家」の施工事例

「美しい」という言葉には、見た目が整っていることや内面から溢れ出るものなどさまざまな、意味があります。この言葉を家にあてはめると、どのような家が美しい家になるのでしょうか。

「美しい家」は誰でもがくつろげるような家

家の内装

「家の美しさ」を考えると、“見た目の美しさ・室内の美しい動線・インテリアや家電などが美しく見える内装”など抑えておきたいポイントはかなり多めです。誰を招いても「くつろげる・癒される」と感じてもらえるような、すてきな「美しい家」を手に入れましょう。

外観にこだわれるのが家を建てることの醍醐味

自分で家を建てるなら、外観の美しさにこだわりたいもの。周辺の景色に馴染むように作ったり、壁の色や素材はもちろん木を植える場所までこだわったりできるのが「家を建てる」ことの醍醐味です。

朝・昼・夜でそれぞれ印象が変わるような「多面的」な外観も魅力的。どこかに「自分らしさ」を取り入れたいものです。

機能性の良さからくるシンプルな美しさ

家だけでなく身の回りの雑貨やガジェットなどにも当てはまることですが、やはり「使いやすさを追求したシンプルさ」には“洗練された美しさ”があります。反対に“上質な素材を活かす”からこそ、余計な装飾は必要ない場合もあります。

シンプルだからこそ「さらに良いものを足すことができる・長く使い続けることができる」メリットがあります。無駄を極力削ぎ落とし、10年・20年経っても“不満なく、飽きずに暮らせる家”を建てることは、今後の「マイホーム作り」に欠かせないものとなるでしょう。

暮らし続けるという美しさ

「家を建てる」ことは「その土地・その場所で暮らし続ける」ということ。その土地の人々や伝統・風土と混ざり合いながら暮らしていくのは、簡単そうに思えますが意外と難しいことです。自宅にさまざまな人を招いたり招かれたりすることによって生まれていく「信頼感や安心感」。それを手助けしてくれるのが「人を招きたい・招かれたいと感じるすてきな家」なのです。

多くの人との関わりを持ちながら穏やかに暮らせる人は、人間力が高くすてきで美しく見えます。そんな“美しい人”を育ててくれるのが「美しい家」なのではないでしょうか。

美しい家の施工事例

「光」を利用した美しいグラデーション
美しい家施工事例_01
引用元:諫早建設公式サイト
(http://www.isahaya.co.jp/casestudies/works)

東京都小平市のこちらの家は、建築面積わずか15坪の2階建て。中庭を作り効果的に光を取り入れることにより、美しさと明るさ、視覚的な広さを楽しめる家となっています。

表庭ではなく「中庭」だからこそ、食事をしたりビニールプールを置いたりと“プライベート空間”としてひとつの部屋感覚で使えるのが嬉しいポイント。

夜の帳が下りる頃、中庭にうっすらとかかり始める夜の色。家の外側を白で統一しているため、自然の色がより一層引き立ちます。

室内はできるだけシンプルに空間を広く取っていますが、いたるところに収納が隠れているのも素晴らしいアイデア。シンプルだからこそ使い方は自由自在、ずっと暮らしていける「美しい家」です。

窓を効果的に使って桜並木を「インテリア」へ
美しい家施工事例_02
引用元:諫早建設公式サイト
(http://www.isahaya.co.jp/casestudies/works)

東京都目黒区のこちらの家は、桜並木に面した場所にある3階建て。家の外から見ると気づきにくいのですが、家の中から見るとまるで「満開の桜の絵」が飾ってあるかのような美しい景色を楽しむことができます。

内装は抑えたトーンのベージュやブラウンで統一されており、柔らかな光が家全体を包み込みます。

バルコニーや作業場、バスルームなどすべてが「桜を楽しみながら」利用できる作りとなっており、どこにいても贅沢な景色を“一人占め”。毎年、桜の時期が待ち遠しくなってしまいますね。

車椅子で自由自在に動ける「完全バリアフリー」の家
美しい家施工事例_03
引用元:諫早建設公式サイト
(http://www.isahaya.co.jp/casestudies/works)

東京都三鷹市にある、和風の外観ですてきなこちらの家は、車椅子でも自由に動けるよう「完全バリアフリー」住宅となっています。

一般的な「バリアフリー」といえば“段差がない・手すりが付いている”などが多く、車椅子を生活のメインにした家はあまりありませんでした。

こちらの家では車椅子をメインに設計されているため、通路が広く作られているほか「キッチンシンクやデスクの下に空間を設ける」ことや「洗面台の下を斜めにする」ことなど、本当に細かいところまで考えて作られています。

“お客さま一人ひとりに合わせた設計”を行なう諫早建設だからこそできる“住む人のための家”。まさに「機能美」を追求した「美しい家」といえますね。

毎日がアウトドア!日常が“遊び”になる家
美しい家施工事例_04
引用元:諫早建設公式サイト
(http://www.isahaya.co.jp/casestudies/works)

東京都小平市にある2階建てのこちらの家は、庭を大きく取って“遊びの空間”にしているのが特徴的です。

広い庭へは大きなドアタイプの窓から行き来できるので、大人数でのバーベキューやイベントなどにも十分に対応可能。大人数で楽しむことを考えて設計された「日常を“遊び”に変える」家は、家族だけで過ごす時間はもちろん友人や親戚が集まる時間、すべてを楽しくて幸せな時間に変えてくれますね。

暖かい光が差し込む「自然の家」
美しい家施工事例_05
引用元:諫早建設公式サイト
(http://www.isahaya.co.jp/casestudies/works)

こちらは東京都小平市にある2階建て。吹き抜けに沿った大きな窓が、部屋全体を暖かい光で包み込む家です。

外観と内装はホワイトとウッドでほぼ統一しており、光の反射を取り入れる工夫がされています。階段の段差や2階の壁にも空間を設け、昼間は吹き抜けと窓からの光だけで過ごせるほど明るいのが特徴的。まさに「自然を活かした家」ですね。

光をたっぷり取り入れられる家では、電気代を節約できるというメリットもあります。デザインの美しさだけでなく、ランニングコストも抑えられる素晴らしいアイデアはまさに住む人のことを考えた「注文住宅」ならでは。

“美しい家”の定義は人それぞれ

多くの様式が取り入れられている現在の日本の住宅。昔ながらの“古民家”的な家が好きという人もいれば、洗練されたシンプルなカラーとデザインの“デザイナーズハウス”が好きという人もいます。

100人いれば100通りの“美しさの物差し”があり、家作りに求めているものを形にしてくれるのが「住宅会社」です。

どんな家に住みたいか、どんなデザインが良いかが決まっていたとしても、いざその通りに建ててみると「動線が合っていなくて生活しづらい」「生活スタイルに合わず、家のメリットが生かしきれない」などの問題点が生まれることもあります。

住宅会社はそんな問題点にいち早く気づき、希望と暮らしやすさを両立して満足できる家を建ててくれます。

こだわりの住宅会社を利用することにより「思った以上の家になった」「本当に毎日が楽しく過ごせている」などの声が多く生まれています。

後悔しない“家選び”をするなら、あなたの希望やイメージをしっかりと受け止めてより良い完成イメージを提示してくれる、信頼できる住宅会社を選ぶことが大切です。

プロだからこそ分かる「ライフスタイルにあった住みやすさ」。あなたの“美しい家”を理解してくれる住宅会社を選び、ぜひすてきな家を完成させてくださいね。

練馬で評判の注文住宅会社5選
練馬で評判の注文住宅会社5選